32インチテレビを買うなら選択肢はSONYとLGしかない・・・

by admin

http://www.flickr.com/photos/91695677@N00/4208438156
photo by Helga Weber

近年テレビは大画面化し、数年前には1インチあたりで一番安かった普及型サイズだった32インチテレビはいつの間にか価格を重視するメインストリームから大幅に機能を減らした機種しか残らなくなりました。いまさらパソコンサイドにそれなりのテレビが欲しいと調査すると2機種(SONYとLG)くらいしか選択肢がありませんでした。 一体何が減らされたのでしょう。

最新記事:
www.coverstoriess.com

削られた機能たち

・フルハイビジョン

 走査線が」1920*1080のフルハイビジョンが姿を消しています。 ハーフHDのテレビばっかりです・・・ PC画面を表示するユーザーにとっては致命的な感じですよねー

・駆動方式のIPS方式

 角度があるところから見てもよく見える大型テレビでは常識の機能ですが、32インチ帯では殆どなくなってしまいました。
下記のサイトを見てもらえれば違いがわかると思います。
image.itmedia.co.jp

・倍速再生

 いつの間にか倍速液晶までなくなってました。速い動きが合った時にゴーストを低減したりするのですが、いらないもんなんでしょうか? 昔は結構大々的これだけ違うんですよーって押してた気がするのですが・・

・画面分割

 まーもともと画面小さいからいらない気がしますけど、2番組表示なんかできてたまに使う機能でしたね

・HDMI端子

 メインストリームじゃないので端子減ってます・・

大きめのところでいったらこんなところでしょうか? その他もろもろ削られていますが、本当に大きく削られているのは画像センサー周りかもしれません。 過去の機種は最上位の画像センサーなんか乗っけてましたから

32型の名機と勝手に決めつけているREGZA ZP2は、フルHDで高性能画像センサー3D対応で倍速液晶というてんこ盛り機種でした。 正直あまり使ってないZP2なら中古でも欲しいくらいです。
www.toshiba.co.jp

そんなわけで新品で買えないならしょうがないということで今買うならこの2機種

LG Smart TV 32LB5810

海外メーカーで倍速再生はないものの、上位機種に負けない装備を備えながらもお値段が非常にやすいというテレビ。 6.2kgなのでモニターアームでいけちゃうレベルです。 世界シェアでいえば国産メーカーより売れているLGですのでUI等も問題なく使えます。

LG 32V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ  32LB5810

LG 32V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ 32LB5810

SONY BRAVIA KDL-32W700B

カカクコムプロダクトアワード2014で銀賞をとっている32W700BはLGよりは若干(1万円ちょっと)高くなりますが、高性能画像センサーや多彩な端子類など利点が多い機種です。残念なのはIPS液種ではないことくらいでしょう。 国産メーカーなので操作等の使い勝手は最適です。正直買うならこっちだなぁー

ソニー SONY 32V型 液晶 テレビ BRAVIA KDL-32W700B フルハイビジョン

ソニー SONY 32V型 液晶 テレビ BRAVIA KDL-32W700B フルハイビジョン


SONY LED液晶テレビ KDL-32W700 – YouTube

最後に

正直32インチで高性能が必要なのか?と言われるところもあり、メーカーも低価格路線で攻めています。このままですといつW700Bのような機種がディスコンされるかわかりません。(特にSONYですし・・・)
また、他社から32インチ帯で高性能機種がでることは期待できません。

個人的には迷っているのであれば早目に確保しておくことをおすすめします。 

You may also like

Leave a Comment