SPGアメックス加入は様子見するべき!!

Starwood Preferred Guest® Credit Card from American Express & Starwood Preferred Guest® Business Credit Card from American Express both now offering 35,000 bonus points
※アメリカのSPGカードですが、カッコいいですよねー

今回は、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード(SPGアメックス)は果たして今入るべきカードなのか?について書きたいと思います。

2018年8月にマリオットとプログラムが統合するスターウッドグループですが、結論から言えば、統合の前の現段階でSPGアメックスに入るのは個人的にあまりオススメできません。

少なくともマリオットと統合して数ヶ月は様子見するべきでしょう!!理由は以下の通り・・・

SPGアメックスとは?

アメリカン・エクスプレスがスターウッドと提携(現マリオットグループ)して発行しているクレジットカードです。
年会費は31,000円+税別です。

このカードは、デルタスカイマイル アメリカン・エクスプレス・ゴールド・カード(デルタアメックス)と似たようなカードで保持するだけでスターウッドグループ(SPG)の上級会員になれるカードです。 

カードの主要特徴

◯ SPGのエリートレベルである「ゴールド会員資格」の提供
◯ 毎年カード継続毎に、無料宿泊特典をプレゼント
◯ 日本国内にあるホテル内直営レストランの飲食代を15%オフ

となっています。 

なぜ人気だったのか

最大のメリットは、SPG上級会員である「ゴールド会員資格」が取得できます。 

ゴールド会員資格は本来、SPGグループホテルを年間10滞在または25泊しなければ取れない会員レベルです。

  • 1米ドルあたりの獲得ポイントが増える
  • チェックイン時に部屋のアップグレードする権利がもらえる
  • 250ボーナススターポイント
  • 無料インターネットアクセス
  • 午後4時までのレイトチェックアウト(リクエスト)

そして、2016年にマリオット・インターナショナルに買収されたことにより、ステータスマッチによるマリオットゴールド会員資格が得られるようになりました。

これはマリオットグループにて年間50泊しなければ得られない会員レベルです。
・マリオットゴールドの一番大きなメリットは、朝食とエグゼクティブラウンジが無料で利用できることです。

スターポイントは、有効期限がなく※、多くのマイレージプログラムへ高い交換率で交換できることも魅力です。
※1年以上ポイント獲得がない場合はアカウント無効になり、6ヶ月後ポイント失効

加入を見送るべき懸念点

どのカードにもメリット・デメリットはあると思いますが、現時点での加入はオススメしない理由

アメックスの紹介者のポイント制度

今年に入り、紹介によるSPGアメックス入会ボーナスポイントが減りました。(7000スターポイント→2000スターポイント)
紹介者は、変わらず10000スターポイント貰えます。 

10000スターポイントの価値は、バイマイル時で350ドルですから、どのカードを紹介するよりも価値がありますし、7000ポイントの時は、読者に強く主張出来ていました。

なので大げさに宣伝するサイトやブログがあります。 
そしてブログやウェブサイトからの紹介は、規約違反のグレーゾーンです。

SPG会員制度が消滅する

2018年8月より、個別に運用されていたSPG会員制度とマリオット会員制度が一体化します。
SPGアメックスなのにSPG会員制度がなくなるわけです。
ブランディングから考えれば、すぐではないにしろ、数年内に消滅する可能性が高いのではないでしょうか?
マリオットブランドのカードができればどこかでSPGアメックスは廃止か統合でしょう。

マリオットリワードプログラムに統合により旨味が減る

統一に伴い、新しい会員制度が設定され、SPGアメックスは引き続きゴールド会員となります。
今まで棚ぼた的に使えていた、朝食無料とラウンジアクセスがなくなります。
また、レイトチェックアウトが16時から14時になります。

8月以降のキャンペーン動向を見るべき

最近までのSPGアメックスブームには、マリオットが行っていたプラチナチャレンジと呼ばれるゴールド会員が、指定された期間に指定された回数滞在することにより、プラチナ会員になれるチャレンジたるものがあった背景があります。
しかし、そのサービスはすでに終了したとされており、8月統合以降復活するか否かは不透明です。

また、マリオットのポイント配布スタンスも重要でしょう。 
直近のキャンペーンは配布ポイントが少ないですし、統合後もポイント配布を絞る可能性があります。 
そうなってしまったら、ホテルの無料宿泊分のポイントや航空会社のマイル以降分貯めるのも一苦労となるでしょう。 

マリオットカードが発行されるかも?

アメリカでは普通にマリオットクレジットカードが発行されていますから、日本でいつ展開してもおかしくありません。
発行されれば入会キャンペーンがあってもおかしくないですね。

まとめ

少なくとも明確な理由なく発行を悩んでいるのであれば、8月の統合までは待つべきではないでしょうか?
紹介者キャンペーンの増額・プラチナチャレンジの復活・またはその他キャンペーンの動向を見てから決めるべきです。

クレジットカードに関して言えば、年間の加入者数が目標に達していなければ、初年度年会費を下げたり、ポイントサイト経由で増額キャンペーンがあっても不思議ではありません。

個人的には、デルタアメックスも大きな改変ありましたし、SPGアメックスも年度後半や次年度にさらに悪い方向に改変しそうな気がしますし、マリオットはしばらくポイントや会員制度を引き締め期間に入ってる気がします・・・

スポンサーリンク